ワセリンはまさに万能薬!その種類や効能、副作用について

様々な用途で使用されている白色ワセリン。
自分は使ったことがないけど、自宅の常備薬としておいてある、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
白色ワセリンのひとつの用途として保湿目的で使用している方は少なくありません。
白色ワセリンの用法や副作用について気になるところですが、白色ワセリンはもともと薬ではないため、これが作用することによって副作用が起こるということはありません。
白色ワセリンを保湿目的で使用するのは、単純に肌の水分を逃さないよう油分でフタをするという物理的な効果を得るためだけです。
白色ワセリンによって保湿や乾燥が改善するというものではありません。
しかし、肌に何かを塗布すること自体が肌に負担を感じさせる場合があり、普通肌・敏感肌に限らず、かゆみや接触性皮膚炎につながることもありますので、使用の際には注意が必要です。
塗り薬などで肌にダメージを受けた方がある方は、あらかじめパッチテストを行なってください。

ワセリンとプロペト

まず、プロペトは主成分を白色ワセリンとする軟膏です。
白色ワセリンより刺激が少ない製剤で、顔はもちろんデリケートな部分にも使用できるため、重宝されています。
効用は白色ワセリン同様、肌に塗ることで肌の水分が逃げることを防ぎます。
これ自体が保湿を促進したり、乾燥を改善するわけではありません。
軟膏の特徴として、伸びがあまり良くなく、ベタつきを感じるという点があります。
塗った後はプロペトが落ちないように、なるべく触れないようにする必要があります。
一方サンホワイトは、白色ワセリンに残る微量の不純物を取り除いた高品質の白色ワセリンを主成分としたものです。
不純物を取り除いたことによってそれらが紫外線と反応して引き起こす微量な劣化がほとんどなくなる為、より低刺激で様々な用途に使用できます。
また、白色ワセリンやプロペトの特徴である伸びの悪さやベタつき感を軽減しており、使用感が良いと言われています。
白色ワセリン、プロペト、サンホワイトはどれも期待する効果は同じですが、精製度が異なり、肌の状態や使用箇所によって使い分けると良いでしょう。

ワセリンが日焼けを加速させる?

肌の水分保持のために役立つワセリンですが、このワセリンの塗布により、紫外線焼けと呼ばれる症状が起こることがあります。
ワセリンは石油を原料とする油が主体となっている為、強い日差しや紫外線を浴びることによりこの油が反応して紫外線焼けを起こしてしまいます。
ワセリンによる紫外線焼けは、日焼け(これは軽度な肌の火傷です)と似たような状態ではありますが、皮下組織に影響し、半永久的な皮膚のシミになってしまうことがあります。
日焼けのように季節とともに自然に改善しない場合がありますので、夏場など紫外線が強い時期は特に、ワセリンを塗布した肌が露出しないよう注意が必要です。
(薄手の服などでは紫外線が通過してしまう場合がありますので、UVカット機能のある服や、外出時はワセリンの塗布を控えるのが理想的です。)
先に比較したプロペトやサンホワイトも、主成分がワセリンであるため、それ自体は低刺激ではありますが、紫外線焼けはできてしまう可能性がありますので、同様に注意してください。

花粉は年中やってくる?しわなど肌トラブルの原因にも・・・

秋冬の寒い季節にも肌トラブルを起こさないのに、春になるとなんだか肌の状態がきになるようになる・・・そんな方が増えています。
この原因の一つとして現在注目されているのが花粉の影響です。
花粉というと鼻炎や目のかゆみなどの症状を引き起こす花粉症が一番に思い浮かぶところですが、そもそも「花粉」というのは人間にとっては刺激物です。
粘膜などの弱い部分は特に影響を受けやすいものの、肌にとっても刺激が大きいのが花粉です。
花粉が飛ぶ季節に頻繁に外に出たり、洗濯物を外に干していたり、それらによって肌に花粉が付着することで、予期しない肌トラブルを起こすことになります。
アトピーをお持ちの方や、もともと敏感肌の方はこの季節さらにお肌が過酷な状態にあると言っても過言ではありません。
また、普段は敏感肌ではない人でも、花粉という刺激物によってこの季節だけ肌を特に守らなければならないと感じている方が増えています。
花粉の季節には花粉症だけではなく花粉にさらされている肌に関してもケアが必要になってきているのです。

花粉が肌トラブルの原因に

敏感肌を発症すると、花粉の影響だけにとどまらず、様々な外的要因によって肌トラブルを起こすことにつながります。
乾燥や紫外線の影響はもちろんですが、ストレスなどの心的要因が如実に肌に現れ、肌トラブルの原因となってしまうこともあります。
化粧のりが悪くなる、乾燥で肌がチリチリとした痛みを感じるようになる、吹き出物が出やすくなる、毛穴の開きや汚れが気になる・・・普段とは違う肌状態を感じ取ったら、敏感肌になっているサインかもしれません。
また、敏感肌はそれ専用の化粧品があるように、今までなんのトラブルもなく使用することができていた化粧品が突然合わなくなってしまうことがあります。
ポイントメイクなども刺激の強いものは肌荒れを引きを越してしまうようになったり、自分のケア方法から全て変えなければならない状態になることも少なくありません。
顔だけでなく、手や足なども敏感肌になるとかゆみや酷い乾燥による粉ふきなどが起こり、それぞれのケアが必要になってしまいます。

洗顔からスキンケアの重要性

まずは洗顔から変える必要があります。
洗顔はものによっては刺激が強く、それ自体が汚れと共に必要以上の油分や水分を失わせてしまうきっかけになります。
刺激の少ないものや、薬用のものを選ぶことが大切です。
また、化粧品も敏感肌専用のラインに変えましょう。
普段敏感肌用のものを使用していな方にとっては、多少物足りなく感じるかもしれませんが、敏感肌にとって刺激は大敵です。
敏感肌が進行するとシワになることもあるので、シワ取りクリームなどを使って日々の予防が大切です。
スキンケアの際も、力を込めず、優しく行うことを心がけてください。
また、洗顔同様化粧品も薬用のものに切り替えるのも一つの方法です。
百貨店のコスメカウンターではなく、ドラッグストアで販売されているような薬用コスメも有効です。
低刺激の化粧品は、全ての肌の方に問題なく使用することができますので、これを期にベースだけでも通年薬用に切り替えて普段から敏感肌への対策をするというのも良いでしょう。
また、化粧品にもよりますが、コットンを使用して、手肌の花粉を顔に移さないようにするのも重要です。

抜け毛が産後にやってくる・・・どうやって防ぐ?

出産前は髪の毛の悩みや頭皮の問題など一度も感じた事がなかった女性が、産後に薄毛や抜け毛が原因で悩んでいる!と言う人は決して少ないとは言えません。
しかし髪の毛や頭皮の問題は繊細な話なので、なかなか他人には相談できなかったりするのです。

どうして産後は髪のトラブルは出ることが多いのでしょうか?
産後に薄毛や抜け毛の症状が出る事を、産後脱毛症と呼びます。もちろん産後脱毛症になるには原因があるのですが、その原因と言うのは一番の理由はホルモンのバランスの変化から起こるのです。

女性は女性ホルモンを持っているのですが、体内ではエストロゲンとプロゲステロンの二種類のホルモンが分泌されているのです。
しかしこの二種類のホルモンのバランスが悪くなったり、分泌する量が少なくなると薄毛や抜毛に繫がると言われているのです。
出産後はそれまで活発に分泌されていた女性ホルモンが減少するので、今まで維持されていた髪の毛が抜けたり、薄毛になったするのです。

産後は薄毛や抜け毛になったけれど、知らず知らずのうちに何となく改善していった・・と言う人も中にはいます。
しかし、産後いつまでも薄毛や抜毛が改善しない理由はなんでしょうか?

その原因と言われていることがいつくかあります。
まず、第一にその女性が高齢出産であると、高齢出産であると、出産と女性ホルモン(エストロゲン)が自然に減っていく時期と重なってしまうことから、産後の一時的な薄毛や抜毛が終わっても、エストロゲンの分泌量の回復まで時間が掛かってしまう事から、薄毛や抜毛の時期が長引いていると言われているのです。

次に産後はどんなに神経の太いと言われる人でも多少なりのストレスを感じます。そのストレスから薄毛や抜け毛が長引くのです。
ストレスは自立神経やホルモンバランスに影響を与えて、血行不良を招くとも言われているので、ストレスと薄毛、抜け毛は密接な関係があるのです。

またその他にも食生活の乱れや寝不足なども薄毛や抜け毛が長引く原因だと言われています。

産後脱毛症を放置してしまい、長引かせてしまうと、「びまん性脱毛症」になってしまう可能性があるのです。
では、びまん性脱毛症とは、いったいどんな状態のことを言うのでしょうか?

それは、一部の髪の毛だけ無くなくのではなくて、髪の毛が全体的に薄くなる事の症状のことをびまん性脱毛症と呼びます。
また頭頂部から薄っすらしてくるのも特徴の一つです。女性の脱毛症の中ではこの、びまん症脱毛症が一番多いと言われています。頭が薄くなったり、抜け毛で悩みのは男性の方が圧倒的多いと言うイメージを持たれている人が多いと思いますが、今や女性でもびまん脱毛症で悩んでいる人が多い見られます。

また医療の用語では「びまん症」とは、全体に広がるという意味を持っている言葉なのです。
女性のびまん症の場合は髪の毛全体がぺたりとしてますことが多いので、髪の毛のせいで年齢よりも老けて見えてしまうことが多いのも特徴です。

産後の薄毛や抜け毛状態を放置しておく事でびまん症脱毛症にかわる場合もあるのです。

産後の薄毛や抜け毛の予防や改善させる為に大切なことは大きく分けていくつかあると言われています。

まず第一に食事と睡眠を整える事です。
産後は色々な意味で身体の栄養不足になるので、髪の毛まで栄養がゆき届かない事もあります。
そこで、髪の毛の元となるたんぱく質、頭皮環境の向上の為にビタミンB、髪の毛の育毛の為に海藻類、血行促進の為に葉酸などが含まれているものを食生活に取り入れるのです。

食事では補えないと感じる人はサプリメントなどを上手に取り入れましょう。
そして新生児~1歳2歳のお子さんを育てていると、まとまった睡眠をとることが困難だと思います。
とにかく眠れる時間がある時は1時間でも多く眠りましょう。時にパートナーや家族や友人に甘える事も大切です。

そして薄毛や抜け毛の予防、改善の為に欠かせないのが、育毛剤や育毛用のシャンプーなどを上手に使うことです。
産後直後から髪の毛や頭皮の手入れをしていると、必ず髪や頭皮状態は違ってきます。

自分と合っているものを上手に使うことがとても大切だと感じます。