ワセリンはまさに万能薬!その種類や効能、副作用について

様々な用途で使用されている白色ワセリン。
自分は使ったことがないけど、自宅の常備薬としておいてある、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
白色ワセリンのひとつの用途として保湿目的で使用している方は少なくありません。
白色ワセリンの用法や副作用について気になるところですが、白色ワセリンはもともと薬ではないため、これが作用することによって副作用が起こるということはありません。
白色ワセリンを保湿目的で使用するのは、単純に肌の水分を逃さないよう油分でフタをするという物理的な効果を得るためだけです。
白色ワセリンによって保湿や乾燥が改善するというものではありません。
しかし、肌に何かを塗布すること自体が肌に負担を感じさせる場合があり、普通肌・敏感肌に限らず、かゆみや接触性皮膚炎につながることもありますので、使用の際には注意が必要です。
塗り薬などで肌にダメージを受けた方がある方は、あらかじめパッチテストを行なってください。

ワセリンとプロペト

まず、プロペトは主成分を白色ワセリンとする軟膏です。
白色ワセリンより刺激が少ない製剤で、顔はもちろんデリケートな部分にも使用できるため、重宝されています。
効用は白色ワセリン同様、肌に塗ることで肌の水分が逃げることを防ぎます。
これ自体が保湿を促進したり、乾燥を改善するわけではありません。
軟膏の特徴として、伸びがあまり良くなく、ベタつきを感じるという点があります。
塗った後はプロペトが落ちないように、なるべく触れないようにする必要があります。
一方サンホワイトは、白色ワセリンに残る微量の不純物を取り除いた高品質の白色ワセリンを主成分としたものです。
不純物を取り除いたことによってそれらが紫外線と反応して引き起こす微量な劣化がほとんどなくなる為、より低刺激で様々な用途に使用できます。
また、白色ワセリンやプロペトの特徴である伸びの悪さやベタつき感を軽減しており、使用感が良いと言われています。
白色ワセリン、プロペト、サンホワイトはどれも期待する効果は同じですが、精製度が異なり、肌の状態や使用箇所によって使い分けると良いでしょう。

ワセリンが日焼けを加速させる?

肌の水分保持のために役立つワセリンですが、このワセリンの塗布により、紫外線焼けと呼ばれる症状が起こることがあります。
ワセリンは石油を原料とする油が主体となっている為、強い日差しや紫外線を浴びることによりこの油が反応して紫外線焼けを起こしてしまいます。
ワセリンによる紫外線焼けは、日焼け(これは軽度な肌の火傷です)と似たような状態ではありますが、皮下組織に影響し、半永久的な皮膚のシミになってしまうことがあります。
日焼けのように季節とともに自然に改善しない場合がありますので、夏場など紫外線が強い時期は特に、ワセリンを塗布した肌が露出しないよう注意が必要です。
(薄手の服などでは紫外線が通過してしまう場合がありますので、UVカット機能のある服や、外出時はワセリンの塗布を控えるのが理想的です。)
先に比較したプロペトやサンホワイトも、主成分がワセリンであるため、それ自体は低刺激ではありますが、紫外線焼けはできてしまう可能性がありますので、同様に注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です