抜け毛が産後にやってくる・・・どうやって防ぐ?

出産前は髪の毛の悩みや頭皮の問題など一度も感じた事がなかった女性が、産後に薄毛や抜け毛が原因で悩んでいる!と言う人は決して少ないとは言えません。
しかし髪の毛や頭皮の問題は繊細な話なので、なかなか他人には相談できなかったりするのです。

どうして産後は髪のトラブルは出ることが多いのでしょうか?
産後に薄毛や抜け毛の症状が出る事を、産後脱毛症と呼びます。もちろん産後脱毛症になるには原因があるのですが、その原因と言うのは一番の理由はホルモンのバランスの変化から起こるのです。

女性は女性ホルモンを持っているのですが、体内ではエストロゲンとプロゲステロンの二種類のホルモンが分泌されているのです。
しかしこの二種類のホルモンのバランスが悪くなったり、分泌する量が少なくなると薄毛や抜毛に繫がると言われているのです。
出産後はそれまで活発に分泌されていた女性ホルモンが減少するので、今まで維持されていた髪の毛が抜けたり、薄毛になったするのです。

産後は薄毛や抜け毛になったけれど、知らず知らずのうちに何となく改善していった・・と言う人も中にはいます。
しかし、産後いつまでも薄毛や抜毛が改善しない理由はなんでしょうか?

その原因と言われていることがいつくかあります。
まず、第一にその女性が高齢出産であると、高齢出産であると、出産と女性ホルモン(エストロゲン)が自然に減っていく時期と重なってしまうことから、産後の一時的な薄毛や抜毛が終わっても、エストロゲンの分泌量の回復まで時間が掛かってしまう事から、薄毛や抜毛の時期が長引いていると言われているのです。

次に産後はどんなに神経の太いと言われる人でも多少なりのストレスを感じます。そのストレスから薄毛や抜け毛が長引くのです。
ストレスは自立神経やホルモンバランスに影響を与えて、血行不良を招くとも言われているので、ストレスと薄毛、抜け毛は密接な関係があるのです。

またその他にも食生活の乱れや寝不足なども薄毛や抜け毛が長引く原因だと言われています。

産後脱毛症を放置してしまい、長引かせてしまうと、「びまん性脱毛症」になってしまう可能性があるのです。
では、びまん性脱毛症とは、いったいどんな状態のことを言うのでしょうか?

それは、一部の髪の毛だけ無くなくのではなくて、髪の毛が全体的に薄くなる事の症状のことをびまん性脱毛症と呼びます。
また頭頂部から薄っすらしてくるのも特徴の一つです。女性の脱毛症の中ではこの、びまん症脱毛症が一番多いと言われています。頭が薄くなったり、抜け毛で悩みのは男性の方が圧倒的多いと言うイメージを持たれている人が多いと思いますが、今や女性でもびまん脱毛症で悩んでいる人が多い見られます。

また医療の用語では「びまん症」とは、全体に広がるという意味を持っている言葉なのです。
女性のびまん症の場合は髪の毛全体がぺたりとしてますことが多いので、髪の毛のせいで年齢よりも老けて見えてしまうことが多いのも特徴です。

産後の薄毛や抜け毛状態を放置しておく事でびまん症脱毛症にかわる場合もあるのです。

産後の薄毛や抜け毛の予防や改善させる為に大切なことは大きく分けていくつかあると言われています。

まず第一に食事と睡眠を整える事です。
産後は色々な意味で身体の栄養不足になるので、髪の毛まで栄養がゆき届かない事もあります。
そこで、髪の毛の元となるたんぱく質、頭皮環境の向上の為にビタミンB、髪の毛の育毛の為に海藻類、血行促進の為に葉酸などが含まれているものを食生活に取り入れるのです。

食事では補えないと感じる人はサプリメントなどを上手に取り入れましょう。
そして新生児~1歳2歳のお子さんを育てていると、まとまった睡眠をとることが困難だと思います。
とにかく眠れる時間がある時は1時間でも多く眠りましょう。時にパートナーや家族や友人に甘える事も大切です。

そして薄毛や抜け毛の予防、改善の為に欠かせないのが、育毛剤や育毛用のシャンプーなどを上手に使うことです。
産後直後から髪の毛や頭皮の手入れをしていると、必ず髪や頭皮状態は違ってきます。

自分と合っているものを上手に使うことがとても大切だと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です