花粉は年中やってくる?しわなど肌トラブルの原因にも・・・

秋冬の寒い季節にも肌トラブルを起こさないのに、春になるとなんだか肌の状態がきになるようになる・・・そんな方が増えています。
この原因の一つとして現在注目されているのが花粉の影響です。
花粉というと鼻炎や目のかゆみなどの症状を引き起こす花粉症が一番に思い浮かぶところですが、そもそも「花粉」というのは人間にとっては刺激物です。
粘膜などの弱い部分は特に影響を受けやすいものの、肌にとっても刺激が大きいのが花粉です。
花粉が飛ぶ季節に頻繁に外に出たり、洗濯物を外に干していたり、それらによって肌に花粉が付着することで、予期しない肌トラブルを起こすことになります。
アトピーをお持ちの方や、もともと敏感肌の方はこの季節さらにお肌が過酷な状態にあると言っても過言ではありません。
また、普段は敏感肌ではない人でも、花粉という刺激物によってこの季節だけ肌を特に守らなければならないと感じている方が増えています。
花粉の季節には花粉症だけではなく花粉にさらされている肌に関してもケアが必要になってきているのです。

花粉が肌トラブルの原因に

敏感肌を発症すると、花粉の影響だけにとどまらず、様々な外的要因によって肌トラブルを起こすことにつながります。
乾燥や紫外線の影響はもちろんですが、ストレスなどの心的要因が如実に肌に現れ、肌トラブルの原因となってしまうこともあります。
化粧のりが悪くなる、乾燥で肌がチリチリとした痛みを感じるようになる、吹き出物が出やすくなる、毛穴の開きや汚れが気になる・・・普段とは違う肌状態を感じ取ったら、敏感肌になっているサインかもしれません。
また、敏感肌はそれ専用の化粧品があるように、今までなんのトラブルもなく使用することができていた化粧品が突然合わなくなってしまうことがあります。
ポイントメイクなども刺激の強いものは肌荒れを引きを越してしまうようになったり、自分のケア方法から全て変えなければならない状態になることも少なくありません。
顔だけでなく、手や足なども敏感肌になるとかゆみや酷い乾燥による粉ふきなどが起こり、それぞれのケアが必要になってしまいます。

洗顔からスキンケアの重要性

まずは洗顔から変える必要があります。
洗顔はものによっては刺激が強く、それ自体が汚れと共に必要以上の油分や水分を失わせてしまうきっかけになります。
刺激の少ないものや、薬用のものを選ぶことが大切です。
また、化粧品も敏感肌専用のラインに変えましょう。
普段敏感肌用のものを使用していな方にとっては、多少物足りなく感じるかもしれませんが、敏感肌にとって刺激は大敵です。
敏感肌が進行するとシワになることもあるので、シワ取りクリームなどを使って日々の予防が大切です。
スキンケアの際も、力を込めず、優しく行うことを心がけてください。
また、洗顔同様化粧品も薬用のものに切り替えるのも一つの方法です。
百貨店のコスメカウンターではなく、ドラッグストアで販売されているような薬用コスメも有効です。
低刺激の化粧品は、全ての肌の方に問題なく使用することができますので、これを期にベースだけでも通年薬用に切り替えて普段から敏感肌への対策をするというのも良いでしょう。
また、化粧品にもよりますが、コットンを使用して、手肌の花粉を顔に移さないようにするのも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です